HOME > 社会貢献・イベント情報 > スポーツ振興支援
社会貢献・イベント情報
スポーツ振興支援
2019/10/06
2019 鶴ヶ城ハーフマラソン参加しました
会津路駆ける 若松・鶴ケ城ハーフマラソン

会津若松市制120周年記念第31回市鶴ケ城
ハーフマラソン大会は6日、同市の会津総合運動公園
をスタート・フィニッシュに開かれた。 福島陸協と実行
委員会の主催。市、市教委、福島民報社などの共催。
リオン・ドールコーポレーションの特別協賛。

ハーフマラソン(21・0975キロ)など35部門に過去最多
の延べ9008人がエントリーし、秋の会津路を疾走した。

ハーフマラソンの男子39歳以下で朝倉和真(中小企業基盤
整備機構、仙台市)が1時間6分56秒の大会新記録で
2年連続優勝を果たした。

同女子39歳以下はワイリム・スーサン(医療創生大職、
いわき市)が1時間17分24秒をマークし、自身が持つ
大会記録を更新して2年連続で優勝した。

いわき市出身の村上康則さん(田村高-順大卒、
元富士通陸上部)と、駒沢、東洋、日本、国士舘各大学
の陸上選手各三人、大会PR大使で会津若松市出身の
歌手越尾さくらさんと民謡アイドル永峯恵さんが共に
走り大会を盛り上げた。

ハーフマラソンは昨年からコースを一部変更し、
市のシンボル・鶴ケ城、趣深い街並みの七日町通り、
黄金の稲穂がこうべを垂れる田園地区などを駆け抜けた。
前へ次へ